粉・乾物

  • ¥ 648
  • 世界中から集めた質の高いナチュラルフードブランドとして名高いアリサンが提案する、全粒粉はふすま(Bran)も胚芽も除去しない、小麦そのままの粉。 ふすま:胚乳を包んでいる繊維質でできた部分で、タンパク質、ビタミンに富んでいます。 胚乳:麦粒の83%を占める小麦粉の原料となる部分です。 胚芽:次世代の麦を育む部分で、リノール脂肪酸、必須アミノ酸をはじめ、微量栄養素に富んでいます。 製造者であるGuisto社は、「高品質」にこだわり続けてきた企業。アメリカ・カリフォルニア州産のオーガニック認証を持つ契約農家と、有機Q.A.I及びO.C.I.Aの認証を受けた工場が、この小麦粉の品質を支えています。 品名:有機全粒薄力粉 原材料:有機全粒小麦粉 内容量:680g 原産国:アメリカ 販売者:アリサン有限会社(埼玉)

  • ¥ 692
  • スペルト小麦は、現在広く利用されている普通小麦の原種にあたる古代穀物です。スペルト小麦から作った粉は、グルテン質が多いためパン作りに向いています。 スペルト小麦粉は、普通小麦とは違うグルテンの性質(高い水和性)をも持っており、軽くこねるだけで十分なグルテンが形成され、ミキシングは通常の半分くらいで済みます。ただし、水馴染みが良い分、ややダレ気味の生地になりやすいので、食パンのような縦方向に膨らませるパンよりも、直焼きのハードロールに適しています。縦方向へのボリュームを出したい場合には、加水の一部を硬水に変える、パンチの回数を増やす、高温で一気に焼くなどの工夫をすると効果が見られるようです。 Bob’s Red MIll は、創設者のボブ・ムーア(パッケージに描かれたおじさん)が1960年代に古い石臼の粉挽き機に出会ったのをきっかけに、妻と二人で事業を立ち上げた当時から「皆の健康を願うこと」が信念。その信念が商品に対する信頼を生み、おいしくて安心な商品を提供し、愛され続けています。 内容量:680g 原材料:スペルト小麦 原産地:アメリカ 製造者:Bob’s Red Mill(アメリカ オレゴン州) 備考:本品製造工場では、小麦、乳製品、大豆、そばを含む製品を製造しています

  • ¥ 950
  • 小麦粉と同様に使える、2種の豆から作った粉。 いかにも豆らしい滋味に満ちた飽きのこない味わいで、大豆のような青臭さはありません。炭水化物とたんぱく質という、体づくりを支えてくれる栄養素を豊富に含んでいます。 創設者のボブ・ムーア(パッケージに描かれたおじさん)が1960年代に古い石臼の粉挽き機に出会ったのをきっかけに、妻と二人で事業を立ち上げた当時から「皆の健康を願うこと」が信念。その信念が商品に対する信頼を生み、おいしくて安心な商品を提供し、愛され続けています。 内容量:623g 原材料:ひよこ豆、そら豆 原産地:アメリカ 製造者:Bob’s Red Mill(アメリカ オレゴン州) 備考:本品製造工場では、小麦、乳製品、大豆、そばを含む製品を製造しています。

  • ¥ 281
  • ふっくらと軽やかな仕上がりになり、苦味が出ることもない、信頼の置けるベーキングパウダー。生地に水分が加わる時と加熱する時の2段階で誇張作用が働き、また反応が早いのも大きな特徴です。 できるだけ素早く生地を練り上げてオーブンに入れると、きめ細かくふっくらした仕上がりになります。 品名:食品添加物・合成誇張剤(ベーキングパウダー) 成分重量:第一リン酸カルシウム 42%, 炭酸水素ナトリウム 32%, コーンスターチ(遺伝子組み換えでない)26% 内容量:114g 賞味期限:缶底部に記載 使用基準:カルシウムとして食品の1%以下でご使用ください 保存方法:高温多湿を避け保存してください 製造者:RUMFORD(アメリカ) 輸入者:アリサン有限会社(埼玉県)

  • ¥ 735
  • 白神産地のブナの原生林から発見された数百種類の酵母の中で、発酵力と増殖力が最も強く香りが良いことから、製パンに最適な酵母とされています。さらに特筆すべきことには、極寒の地の野生酵母だけあってのことなのか、種起こしが不要です。 同じドライであっても、イーストだと(使い方次第かもしれませんが)イースト香がパンに現れ、そこは好き嫌いの分かれるところだと思います。店主はちょっと気になってしまう方。利便性に優れた形状でありつつ、天然酵母のようにパンに美しい薄化粧を施してくれる酵母だと感じています。 品名:乾燥酵母(製パン用酵母) 原材料:酵母 内容量:50g(10g×5包) 賞味期限:パッケージ底面に記載 保存方法:高温多湿を避け冷暗所に保存 販売者:秋田十條化成株式会社AD

  • ¥ 295
  • 岩手産小麦を使用し、一度パンを焼き上げた後、粉砕・乾燥して作った、至極まっとうな当たり前のパン粉です。 パッケージのおじさんは、岩手県盛岡市民のソウルフードである、あのパン屋さんのお買い物袋に描かれた人に似ていますね。もしかして兄弟? 内容量:200g 原材料:小麦粉、イースト、食塩 製造者:桜井食品株式会社 ※2018年3月、原価値上がりにより価格改定

  • ¥ 644
  • 「グルテンフリー ひよこ豆&そら豆粉」の取り扱いを始めたところ、ひよこ豆が好きという声をちょうちょく聴くようになったので、豆自体も探してみました。美味しいですよね、ひよこ豆。カレーの具材として、ここ日本でも随分と認知されてきた印象があります。 イタリア・マルケ州の生産者クリスチャンさんが作る在来種のひよこ豆)は、輸入業者さん曰く「ひよこ豆、レンズ豆を食べ慣れた方がびっくりする」おいしさ。大豆やインゲン豆もそうですが、よくできたお豆は派手さはなくとも実に力強い味わいをもっているものですね。あのコロコロホクホクとした食感もたまりません。 選別には十分留意しているが、まれに自然変色、汚れ、割れなどがあるとのことです。人体、食味に影響はありません。 品名:乾燥ひよこ豆 内容量:200g 原産地:イタリア

  • ¥ 1,080
  • レンズ豆は、ヒヨコ豆やインゲン豆などのように前日から水に浸して戻しおく必要がなく思い立ったときにすぐ使え、しかも茹で時間は20〜30分程度で済む、とっても便利な乾物です。 主に西欧やインドで古くから用いられてきた食材で、煮込みやスープあるいはサラダやピクルスにと用途が非常に多岐にわたるという点でも、使い慣れるとたいへん重宝します。 他の豆類同様栄養価の高いレンズ豆ですが、中でも妊娠中に欠かせない葉酸や貧血予防に必要な鉄分を多く含んでいます。その意味では、女性にやさしい食材と言えるかもしれません。 1935年以来、ル・ピュイ産緑レンズ豆は他のレンズ豆と区別するために原産地呼称が用いられてきました。1996年に乾燥野菜としては初めてAOC(※1)を取得。現在はAOP(※2)認証を得て、昔からの変わらぬ品質で作り続けられています。 ※1:フランスの原産地呼称委員会が管理している原産地呼称統制法。伝統的な製造方法で作られた良質な食料品を、一般消費者に広く知ってもらうことを目的として定められた。 ※2:EUが定める原産地名称保護制度。上と同じ目的で2008年に策定された制度で、各国の独自制度を統括する制度として、現在は並列している。AOP認定を受けた製品はAOP認定ラベルを貼ることが義務付けられ、AOCラベルも今後AOPラベルに統一されることになっている。 品名:乾燥緑レンズ豆 内容量:500g 賞味期限:パッケージ側面に記載 保存方法:直射日光、高温多湿を避けて保存 生産者:ル・ピュイ穀物・緑レンズ豆生産者協同組合(フランス) 輸入販売者:アルカン(東京都)

  • ¥ 470
  • これまでは三陸産を扱ってきましたが、今年は出来があまり良くなく、しかも相場が上がっているとのことで、問屋さんが状態が良い時の三陸産に匹敵するものをと探してくださった海苔です。なによりも品質に重きを置く問屋産のおかげで、安心してお客様におすすめできます。ありがたいことです。 パッケージを開けると、青のりを混ぜてあることによって生じる清々しくもふくよかな磯の香りが鼻先をくすぐります。歯切れの良さは湿った状態でも失われず、作って数時間後のおにぎりでも、ほとんど抵抗なくサクッと海苔を噛みちぎれます。また、三陸産に比べて縮みにくく、おにぎりや巻き寿司の形を長時間より美しく保てます。 ほどよい厚さがもたらす歯ごたえが心地よく、磯臭さの全くない、見た目に違わぬ凛として上品な、深みのある味わいです。 内容量:全形10枚入 原材料:干しのり(熊本県産) 販売元:有限会社 山長(岩手県滝沢市)

  • ¥ 290
  • 摘みたてのスサビノリを、その形状のまま加工したものです。 スサビノリ自体は板海苔の原藻として非常にポピュラーな存在で、国内で製造させれる年間およそ35万トンの板海苔の大部分に用いられています。 同じ海苔でも形が変わると、歯ごたえ、口どけ、香りの立ち方が随分と変わり、海苔の使い方のバリエーションも増やしてくれるます。問屋さんからお聞きしたところによると、パスタの具として納めているレストランがあるそうです。背負子では、温麺のトッピングや汁の具などにして提供しています。少量の熱湯で柔らかくし、醤油をひとたらし、七味をパッとふりかけて、酒の肴や飯の友にといった使い方もおすすめです。ボリューム感があるので、見た目にも楽しい乾物です。 内容量:15g 原産地:日本 販売者:山長